歯周病とは?

この度、長島デンタルクリニックのブログを開設しました。
今回は歯肉炎歯周病についてお伝えします。

まず歯の周辺に歯垢などの汚れが一定期間付着すると、歯肉が赤くなったり、腫れたりします。これが歯肉炎です。歯肉炎の時点でしっかり清掃すれば、炎症は治まります。
しかしそのまま歯肉炎を放置すると、炎症は広がり、歯を支える顎の骨が徐々に溶け出します。これが歯周病です。つまり、歯周病とは歯茎と骨に炎症が起こる疾患です。そして成人の8割が歯周病と言われ、健康な歯を失う最も大きな原因でもあります。また歯周病は口腔内だけに止まらず、全身のあらゆる疾患にも悪い影響を与えます。(今後、解説してまいります)

歯周病によって骨が溶け出しても、自覚症状はほとんどありません。更に少し進行しても歯茎からの出血程度です。つまり、自覚症状が顕著になった頃には、既に歯周病はかなり進行しているということになります。
しかし歯周病は予防できます。まずはご自身でのケアと、歯科医院での定期検診・歯石除去に取り組みましょう。

次回からは歯周病のさらなる原因や、歯周病になりやすい状況をお伝えしてまいります。