マウスピース矯正

  • HOME
  • マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットを使わずにマウスピース型の矯正装置を使用することにより、優しい力で歯を動かしていく矯正法です。

マウスピース型の矯正装置は、目立たない、取り外しができる、痛みが少ないなど、多くのメリットがあります。

マウスピース矯正のメリット

1.何より目立たない、見えない

固定式の矯正装置の外見上での不便さがなく、矯正治療には興味があるが、装置がみえてしまうのに抵抗がある患者さんにとっては選択肢が増えます。

2.従来型の矯正装置のような違和感や口内炎などを起こしにくい

ワイヤーを使用した矯正では、ワイヤーが飛び出して粘膜を傷つけたり、口内炎などを併発することがよくありますがマウスピース矯正では口腔内の粘膜を傷つけることは稀です。

3.衛生管理がしやすい

固定式の矯正装置では口腔内の清掃が難しく、矯正治療中にう蝕になることもよく見られますが、マウスピース矯正では歯の清掃は矯正装置が付いていない状態でできるためう色や歯肉炎の発生等のリスクがありません。

マウスピース症例の適応症と非適応症

適応症

1.歯列弓の拡大により非抜歯で治療可能な症例(軽度の叢生)
2.歯根の移動が必要ない抜歯症例
3.固定式矯正装置で仕上げを行える抜歯症例

非適応症

1.叢生の強い症例
2.歯の平行移動を要する抜歯症例
3.上下額の位置に前後、左右の骨格性のズレのある症例

当院で扱っているマウスピース矯正について

透明で見た目が自然なマウスピース型の可撤式矯正装置で通常約1カ月に1度の間隔で印象採得を行い、その都度マウスピースを作製します。
厚みの異なる3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mm)のマウスピースがあり、厚さの薄い方から10日間ずつ使用します。
そのため従来の矯正装置のような疼痛はほとんどありません。

特徴

1.透明で薄いプラスチックのシートを使用するため、非常に目立ちません。
2.発音障害、異物感等が非常に少ないです。
3.装置を取り外してブラッシングが可能な為、清掃性が非常に良いです。
4.ソフト、ミディアム、ハードの3種類のシートを用いて矯正力をコントロール出来る為、疼痛も軽減できます。
5.各ステップ毎に印象採得し、1ステップ0.1mmでのセットアップが可能であるため、それぞれの症例に合わせた治療が可能になります。

マウスピースを装着した例

症例1

30代男性。
上下前歯の叢生の治療で来院されました。
上下前歯を1本ずつ抜歯を行いマウスピースで上下の歯列を内側に移動させながら、歯列を整えていきました。
下顎の前歯の内側には歯並びが元の状態に戻らないように、細いワイヤーで固定してあります。

施術前

施術後

症例2

17歳女性です。
上顎前歯前突の治療希望で来院。
抜歯をしませんので歯列が綺麗に並ぶようにIPR(アイ・ピー・アール)を行います。
治療期間は12カ月です。

施術前

施術後

IPR(アイ・ピー・アール)とは歯並びを整えるために歯と歯の間に隙間(スペース)を作ることです。
0.1mずつメタルのヤスリを前後に振動させながら、歯の一番硬いエナメル質を削ります。
もちろん歯の神経が痛んだり、滲みることはありませんので、ご安心ください。