当クリニックで使用している3種類のインプラント

  • HOME
  • 当クリニックで使用している3種類のインプラント

あらゆる症例に対応できる万能なインプラントはありません。
当クリニックでは其々の特長のある3種類のインプラントを使い分けることにより患者様に「痛みが少なく、安全で、快適なインプラント治療」の提供が可能であると考えています。

名称 インプラントの表面性状 製造 骨との結合様式 埋入に適した骨 埋入に適した手術方法
スプライン HA
(ハイドロキシアパタイト)
アメリカ バイオインテグレーション 軟らかく薄い骨 抜歯即時埋入
抜歯待時埋入
ストローマン チタン スイス オッセオインテグレーション 硬く大きい骨 成熟側埋入
バイコン チタン アメリカ オッセオインテグレーション 大きく吸収した骨 抜歯即時埋入
成熟側埋入

オッセオインテグレーションとは

チタンインプラントと骨との結合様式を表します。
光学顕微鏡下で両者は直接的に一体化していると考えられてきましたがさらに詳しい電子顕微鏡下で両者の間にはわずかな隙間があり完全には接触していません。

バイオインテグレーションとは

HAインプラントと骨との結合様式を表します。
電子顕微鏡下ではカルシウムが沈着し両者は100%生化学的に隙間なく結合しているといわれています。
この数値の差はHAインプラントしかない骨伝導能によるもので、HAインプラントはインプラント周囲に骨を再生することができますので、 チタンインプラントと比較して、柔らかい骨や薄い骨に対してはやく骨と結合します。

骨伝導能とは

骨再生に必要な細胞が周囲組織から供給され、骨形成の足場として機能する性質です。
チタンインプラントはインプラントを骨の中に埋入すると周りの骨からの骨再生で結合します。
HAインプラントはインプラントの骨の中に埋入すると周りの骨からの骨再生だけでなく、インプラント自身にも骨を再生する能力がある(足場になります)ので、難症例とされる骨が足りない場合でも、骨と結合する時間はチタンインプラントと比べ早いのです。

スプライン

上下顎前歯、奥歯を問わず抜歯即時埋入や抜歯待時埋入さらには上の奥歯で骨が薄く柔らかい症例に主に使います。

ストローマン

顎の骨が大きく、はぎしり、食いしばり等噛む力が強い症例に主に使います。

バイコン

最短5mmのショートインプラントです。下顎管神経までインプラントを埋入するには骨が足りず
通常の長さのインプラント体が埋入できない症例に主に使います。

インプラント埋入方法

インプラント埋入予定部位の状況によって3つに分かれます。

抜歯即時埋入

文字通り抜歯と同時にインプラントを埋入する方法です。
チタンインプラントは基本的には禁忌とされていますが、骨伝導能のあるHAインプラントには適した治療方法です。
歯肉を切開や剥離しませんので、インプラント手術後の腫れや痛みが出にくいです。
歯が割れている、歯の根の先に膿が溜まっている。歯周病になっている等の炎症がある歯を抜歯と同時にインプラントを埋入できるため治療期間が短縮できるのです。

60代女性。
左上前歯(1番)が歯周病のため抜歯となりました。

通常の抜歯と同じように歯肉を切開することはありません。インプラントが感染しないように、歯肉を傷つけることなく抜歯窩内を搔爬します。

術前のCT診断に基づいて、インプラントを埋入するためのインプラント窩を形成しインプラントを埋入します。

抜歯待時埋入

抜歯をして歯肉が治癒し抜歯窩が覆われた後でインプラントを埋入する方法です。歯肉に比べて骨の再生は遅く6カ月は必要といわれます。
抜歯待時埋入は抜歯をして約2~3カ月程度でインプラントを埋入しますので、抜歯窩は再生の途中になります。
この方法は下顎管神経まで骨の厚みが少ない症例や重度の歯周病で周りの骨が大きく吸収されている症例等に用います。

40代女性
他の医院で右下奥歯(6番)を数か月前に抜歯し、インプラント治療を希望し当院へ来院されました。
抜歯窩は治癒し歯肉で覆われています。

歯肉を切開してみると、その下の骨はまだしっかりと治癒しておらず、抜歯窩が残っています。

インプラントを埋入します。インプラントの周囲の隙間には人工骨を入れて歯肉を縫合します。

成熟側埋入

抜歯後歯肉とその下の骨が十分に再生した状態でインプラントを埋入する方法です。
個人差はありますが、約1年後にインプラントを埋入します。
抜歯即時埋入が基本的に禁忌とされているチタンインプラントでは方法がよく用いられます。
この方法は治療期間が長くなるだけでなく、インプラント埋入までに骨の吸収が進みますので、骨の厚さが薄い上の前歯では、骨を造成するGBR法が併用されることも多く術後の腫れや痛みを生じることも少なくありません。

70代女性
他の医院で左下奥歯(5番)を1年前に抜歯し、入れ歯を使用されていましたが、
うまく食事ができずに、また入れ歯を誤飲する危険性も気にされ、インプラント治療を行いました。

麻酔医による静脈内鎮静法を施しながら、浸潤麻酔を行い歯肉を切開しインプラントを埋入します。
1年前に抜歯したところ十分に骨が再生し、インプラント周囲に隙間はありません。

症例1

治療方法 左上前歯の歯根が割れていると、前医から指摘され御家族の紹介でインプラント治療を希望で来院されました。
CT診断の結果、歯根の周りには膿があり、歯を支えている骨は大きな吸収がありました。
患者様はなるべく痛くないインプラント治療を希望されましたので、 歯肉を切開せず、1回で手術が終わる抜歯即時埋入インプラント手術を選択しました。
治療方法 スプラインHAインプラントを使用し抜歯即時埋入
治療部位 左上2番
メリット&デメリット 見た目が大事な上の前歯のため、抜歯してインプラントを埋入すればその分治療期間が短縮され、患者様のQOL(生活の質)の低下が軽減されます。
歯根破折してから、少し期間が経過されていますので、その分周囲の骨の吸収が進み、若干治療期間が延びる可能性があります。
治療期間 4カ月
費用 35万円+税

症例2

治療方法 60代女性
右下奥歯のブリッジが破損したため、清掃等の口腔衛生環境を
改善するためにも新たにブリッジにはせずインプラントを選択しました。
下顎の幅が広く、内側に骨が隆起していますので、(矢印)噛む力が非常に
強いことが分かります。
治療方法 ストローマンインプラントを使用し成熟側埋入
治療部位 右下5番、6番
メリット&デメリット かみ合わせの強い方は骨が硬く、骨からの出血量が少ない場合があります。あまりに出血しない場合には、意図的にインプラント窩内の壁に小さな穴を開けて、出血を促す場合があります
治療期間 4カ月
費用 70万円+税

術前

術中

上部構造装着時
(かみ合わせの部分に穴が開いていますが、これはスクリュー固定ですので、この後この穴は上部構造の色に合わせた光重合レジンで封鎖します。)

症例3

治療方法 他医院の紹介で左下奥歯のインプラント治療を希望し来院されました。
この部位は下顎管神経の出口にあたるオトガイ孔が近接している部位で
下顎のインプラント治療には注意が必要な部位です。
治療方法 バイコンインプラントを使用し成熟側埋入
治療部位 左下5番
メリット&デメリット 下顎管神経に近いため、長さ5mmのバイコンショートインプラントを選択しました。これによって治療時間の短縮が可能で、術後の腫れ、痛みを軽減できます。
治療期間 4.5カ月
費用 35万円+税

術前

上部構造セット時

上部構造セット時のレントゲン画像