歯周病の予防|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

歯周病の予防

歯周病を防ぐためにも、下記のことを心がけ、取り組みましょう。

・セルフケアをしっかり行う。
正しいセルフケアを身につけ、清潔な口腔内を保ちましょう。

・定期的に歯科医院で検診や清掃を受ける。
歯周病の有無や進行を定期的にチェックし、ご自身で落とせない歯石などを除去しましょう。

・禁煙する。
喫煙は歯周病の悪化や歯肉の治癒を阻害します。

・ストレスを溜めない。
ストレスによって、身体の抵抗力が下がり、歯周病悪化の原因となります。

・規則正しい食生活を心がける。
栄養バランスを考え、唾液の分泌を促す食事を取り入れましょう。

・汚れが溜まりにくい口腔内環境を作る。
歯周病によって骨が溶けた場合、自然に骨が再生するケースと、再生しないケースがあります。歯周病因子を改善することで骨が再生するケースは問題ありませんが、再生しないケースでは骨を作る必要があります。
では、なぜ骨が必要なのでしょうか?
通常、歯茎の付け根には3ミリ程度のポケットがあります。このポケットの深さが歯周病だと約4〜6ミリ、進行すると10ミリになることもあります。このポケットの深さが深いほど、汚れが溜まりやすくなり、歯周病悪化の原因となってしまいます。
そこで骨を作ることでポケットを浅くし、汚れが溜らないようにできます。いわば予防的な観点で骨を作る必要があるということです。

しかし歯がグラグラしている場合は、骨を作っても意味がありません。その場合はインプラントなど次なる処置を考えます。
>>インプラントの詳細はこちら