歯を失ったまま放置するリスク|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

歯を失ったまま放置するリスク

むし歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまった場合、治療せずそのまま放置される方がいらっしゃいます。
特に前歯など目立つ場所でない場合は、治療を急がない方もいらっしゃいます。

しかし歯を失ったまま放置してしまうと、あらゆるリスクがあります。


○顎の骨が痩せてしまう

歯を失ったまま治療を行わないと、顎の骨が痩せてしまいます。すると歯肉も痩せて見えるので、見た目が悪くなります。
また失った状態が続くと顎の骨が薄くなり、後々インプラント治療も困難になります。

○噛み合わせが崩れる

失った歯と噛み合っていた反対側の歯が伸びたり、隣の歯が倒れてくることがあります。
そうなるとこれまで正しく噛み合っていた口腔内のバランスが崩れてしまいます。
※噛み合わせが崩れると、顎関節症や全身の不調にもつながります。

○見た目が悪くなる

特に前歯の場合、歯を失ったまま放置すると口元にシワが出来やすくなります。
奥歯の場合でも頬がこけて見えることがあり、実年齢以上に老けて見られる原因にもなります。


このように様々なリスクがあります。
歯を失ってしまった方は早めに治療を受けましょう。