審美治療に欠かせないセラミックとは|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

審美治療に欠かせないセラミックとは
  • HOME
  • ブログ
  • 審美治療に欠かせないセラミックとは

審美治療時、セラミックという素材を使用します。
最近では聞かれたことのある患者様も多くいらっしゃるかと思いますが、そもそも「セラミックとはどういった素材か?」について解説します。

セラミックとは

セラミックは陶器で出来ており、天然歯のように色合いも白い素材です。
陶器と聞くとすぐに割れてしまうと思われる方もいらっしゃいますが、最近のセラミックは強度にも優れております。

セラミックでは主に、むし歯治療後の詰め物や被せ物に使用します。
これら詰め物・被せ物は他にも、保険ではレジン(プラスティック)や銀歯、自費だと金歯で行うこともあります。

また、歯の欠け・形・向き・色といった見た目の改善に、セラミックが使用されることもあります。

また天然歯の色が気になる方へは、ホワイトニングも行っております。
>>ホワイトニングについて

 

セラミックの利点

・見た目が天然歯に近い
・保険の素材より丈夫で長持ちしやすい
・金属アレルギーの心配がない

当院の審美治療

当たり前ですが、審美治療で重要なことは「見た目の美しさを患者さんの希望に近づける」ということです。

当院では審美治療時に拡大鏡を使用します。拡大鏡を使用すると通常の5〜10倍拡大してみることができ、詰め物・被せ物の型取りや装着時に活用しています。
また既存の詰め物・被せ物にひび割れや欠けがないかも拡大鏡で確認します。
>>拡大鏡について


次回より、白い補綴(詰め物・被せ物)について記載します。