根管治療とは|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

根管治療とは

今回より「根管治療」についてブログを書いていきたいと思います。

一般的に「歯の根っこの治療」と言われる根管治療とは、神経まで進行してしまった重度のむし歯に対し、神経(歯髄)を取り除く処置のことを言います。神経を取り除いた後は綺麗にしてからコアと呼ばれる土台入れ、被せ物を装着します。

 

むし歯が神経まで達してしまうリスク

通常、むし歯が神経まで達してしまった場合、細菌炎症によって膿が溜まり、強い痛みを感じます。さらに進行すると痛みを感じなくなることもありますが、神経の先にある骨を溶かしてしまいます。

このような痛みをなくしたり、骨を溶かすことを防ぐために根管治療を行います。

 

根管治療の難易度

しかし根管治療の難易度は高く、正確に行わないとむし歯の再発や歯を失ってしまうこともあります。東京医科歯科大学の発表したデータによると、根管治療の成功率は30%〜50%とされています。
根管治療は最初が重要で、やり直しが必要になった場合は歯そのものを残すことが難しくなることもあります。

長島デンタルクリニックでは、むし歯の再発や、やり直しがないような根管治療を目指しております。

次回より根管治療の詳細を記載していきたいと思います。