根管治療によって神経を取り除くリスク|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

根管治療によって神経を取り除くリスク
  • HOME
  • ブログ
  • 根管治療によって神経を取り除くリスク

根管治療によって神経を取り除くと、痛みから解放されます。これが根管治療の最大のメリットです。
患者さんによっては、「痛みがなくなったことで完全に治った」と思われる方もいらっしゃいます。

今回は歯の神経を取り除いた際のリスクについて解説します。

 

神経を取り除くリスクとは?

神経は歯に栄養などを行き渡らせる役割があります。しかし神経を取り除いた歯は乾燥し、枯れ木のような状態になってしまいます。すると歯はどんどん弱くなり、最終的には歯根破折を起こしやすくなります。また選択するコアの素材によっても破折リスクは変わります。
>>コアについてはこちら

ほとんどの場合、歯が割れてしまうと抜歯が必要になってしまいます。
つまり神経を取り除いた歯の寿命はどうしても短くなります。患者さんによって個人差ありますが、一般的には根管治療を行なった歯の寿命は20年と言われています。

 

可能な限り神経を残すことを考えます

上記のことから、当院では安易に神経を取り除くことはありません。
まずは神経を残すことを第一に考え、治療を行います。

神経にむし歯が到達することがないよう、当院では日々のケアや定期的な歯科検診を推奨しています。