根管治療の流れと費用|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

根管治療の流れと費用

今回は具体的に根管治療の流れについて解説します。

 

麻酔

麻酔を注入した後に治療を行いますが、中には痛みが強く、麻酔が完全に効かない場合もあります。
その際は、鎮静剤によって炎症を抑え、後日治療を行います。

 

神経の除去

ファイルという治療器具を使用し、神経を除去します。当院では拡大鏡によって、細かい作業も肉眼でしっかり確認しながら治療します。

神経は複雑に曲がっているため、当院では超弾性を有するNi-Ti製のファイルを使用します。これによって根管治療時間が大幅に短縮することが可能です。
当院では失活抜髄と言い、失活剤で神経を麻痺させてから神経を除去します。そうすることで、複雑な神経を取り残さないようにしています。

洗浄

神経除去後、歯の中の汚染された神経管を洗浄します。
洗浄が終了したら、お薬を詰め、細菌の侵入を防ぎます。

コアの作成

しっかり噛めるようにするため、歯の土台となるコアを作成します。
>>コアについての詳細はこちら

被せ物の装着

最後に被せ物を装着し、根管治療は終了となります。
被せ物の種類は患者さんにお選びいただきます。


根管治療は保険が適用されます。
ただし、コアや被せ物の素材によっては自費になるケースもあります。
>>自費の料金表はこちら