即時荷重について|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

即時荷重について

前回までは抜歯即時埋入によるインプラント治療について解説しました。今回は抜歯即時埋入後に行う即時荷重について解説します。

 

即時荷重とは?

通常、インプラント埋入後に仮歯を装着するまで数ヶ月もの間、待つ必要があります。その間は歯がない状態です。
一方、即時荷重とはインプラント埋入日に歯を入れる治療法です。手術日に歯が入るので、患者様にとてもお喜びいただけます。

即時荷重には条件があり、インプラント固定度が基準値以上であれば問題なく行えます。

 

即時荷重のメリット

食事の幅が広がる

仮歯ではありますが、その日に歯が入ります。そのためしっかり噛めるようになり、食事できる幅が広がります(あくまで仮歯なので、硬い物などはお控えいただいております)。
また会話への支障も出にくいというメリットもあります。

治療期間の短縮

その日に仮歯を装着するため通院回数が短くなり、インプラントの治療期間は通常に比べて短くなります。時間的負担が軽減される点もメリットといえます。

見た目が気にならない

インプラント埋入日に歯が入るため、審美面においても良い結果が得られます。

 




当院のインプラントサイト
https://www.nagashima-implant.com/