歯周病のリスク|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

歯周病のリスク

◯歯周病が及ぼす口腔内のリスク
歯周病は気づかないうちに進行する疾患です。歯周病が進行すると、口腔内に下記のような影響を及ぼします。

・歯茎が腫れ、上手く噛めなくる。
・歯周病を放置すると、隣の歯も炎症を起こしてしまう。
・歯周病が原因で歯茎から出血してしまい、口臭の原因となる。
・歯茎が痛くなる。(食事が出来ないほど、痛くなることもある)
・自分の歯を失う

◯歯周病が及ぼす全身のリスク
赤ちゃんは唾液をお口から流しておりますが、大人は絶えず唾液を飲み込んでおります。すると歯周病菌も唾液と一緒に飲み込んでしまいますので、菌が血液等を通じて全身に巡ってしまいます。
全身に巡った歯周病菌は下記の疾患に影響を及ぼします。

・狭心症や心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・早産や低体重時出産
・誤嚥性肺炎
・骨粗鬆症

口腔内へ及ぼす歯周病の影響としては「最終的に歯を失う」、全身へ及ぼす影響としては「各疾患を引き起こす、もしくは促進させてしまう」といったリスクがあります。
たかが歯周病とは思わずに、予防・治療に努めましょう。


歯周病でお悩みの患者さんは、横須賀市にある長島デンタルクリニックへご相談ください。