入れ歯をおすすめするケース|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

入れ歯をおすすめするケース

よく患者さんより「インプラントと入れ歯はどちらがおすすめですか?」とご質問いただくことがあります。
患者さんの全身や口腔内状況によって異なるため、どちらがおすすめとは一概に言えませんが、今回は入れ歯をおすすめするケースについて記載します。

インプラントより入れ歯がおすすめのケース

全身の疾患をお持ちの方で、継続的通院や手術が困難な方

※ただし疾患の種類によっては、静脈内鎮静法にてインプラント手術が可能なケースもあります。
>>静脈内鎮静法についてはこちら

骨が薄く、インプラントの埋入が困難な方

 

金額をおさえて、治療を行いたい方

※ただし選択される入れ歯の種類によっては、インプラントと金額が変わらない場合もあります。

 

上記以外にも、「すでに長年入れ歯を装着しており入れ歯に慣れている方」や、「将来介護を受けることを視野に入れて入れ歯を選択される方」もいらっしゃいます。

歯を失ってしまった方や、入れ歯からインプラントへの移行をお考えの方は、横須賀市の長島デンタルクリニックまでお問い合わせください。