外科処置による根管の治療(歯根端切除)|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

外科処置による根管の治療(歯根端切除)
  • HOME
  • ブログ
  • 外科処置による根管の治療(歯根端切除)

以前のブログで記載しましたが、根管治療後に再発してしまうケースがあります。また治療を行なっても治らないというケースもあります。
実際、当院でもそのようなお悩みで来院される患者さんもいらっしゃいます。

特に根管治療後にセラミック等、自費の被せ物を入れているケースでは、外してしまうリスクも大きく、再根管治療の選択も難しいのが実情です。仮に再治療でコアや被せ物を外したとしても、歯根破折を起こすリスクが大きくなってしまいます。

 

歯根端切除による治療

そこで根管治療によって症状が改善しない方には、歯根端切除という治療を行います。
歯根端切除とは、麻酔をかけた状態で両側の歯茎を切開し、感染部分を外科的に取り除く治療をいいます。この方法であれば、セラミックなど外すことなく治療が行えます。

ただし、歯根端切除は上顎の前歯部(3番から3番)に限られます。
歯根端切除が行える場所であれば、抜歯を回避できるかもしれません。

 

歯根端切除の費用

歯根端切除は保険が適用されます。


根管治療をお考えの方は、横須賀市にある長島デンタルクリニックまでご相談ください。