インプラント治療とは|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

インプラント治療とは

いつもブログをご覧いただき、誠に有難うございます。
今回より当院で力を入れている治療でもあります、インプラントについて紹介したいと思います。

 

インプラントとは

インプラント治療は、歯を失った箇所に行う治療(欠損補綴)であり、他の治療選択肢としては入れ歯やブリッジという方法があります。
インプラント治療を簡潔に説明すると、顎の骨にチタン製のインプラントと呼ばれる人工歯根を埋入し、その上に人工歯を取り付ける治療です。

一般的にインプラント治療を行うと、噛める力が80〜95%ほどまでに回復すると言われ、天然歯に最も近い状態まで回復できます。
逆にブリッジでは60〜80%、入れ歯では10〜30%程度の回復だとも言われています。

 

周囲の歯への影響

周囲の歯への影響を考えると、インプラント治療がお勧めです。
ブリッジは両隣の健康な歯を削る必要があり、入れ歯は金属を引っ掛ける歯への影響も少なからずあります。
しかしインプラント治療では、このように周囲の歯を触ることなく治療を行えます。

次回以降、さらにインプラント治療について解説します。