顎関節症の治療法|横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック[公式]

顎関節症の治療法

今回のブログでは、顎関節症の治療法について記載します。
よく「顎関節症は何科にかかればいいの?」と聞かれますが、専門は口腔外科です。
当院でも口腔外科を標榜しているため、顎関節症の治療は可能です。また顎関節症治療は保険診療で行えます。

痛み・開口障害といった症状には、下記のような治療を行います。

経過観察

顎関節症は簡単に表現すると怪我と一緒です。これは整形外科的観点に近いです。
痛い時はとにかく安静にしていただき、痛くないところで噛むようにしていただきます。そうすることで自然と痛みが緩和されるようにします。
また食事もなるべく柔らかい種類を選んでいただくようにします。

投薬

鎮痛・消炎作用があるお薬を処方し、痛みを抑え、症状を緩和させます。

癖の改善

前回のブログで記載しました、TCH(歯牙接触癖)の改善です。
>>TCH(歯牙接触癖)についてはこちら

習慣となっている歯と歯の接触を意識して無くすことであり、実はこれが一番重要です。
部屋の中の目に見えるところに、「歯と歯を離す」といった張り紙をすることも効果的です。

マウスピース(保険診療)

寝ている間の歯ぎしりを防ぐため、マウスピースを作成する方法です。
ただしマウスピースはあくまで対処療法です。まずは根本改善(原因療法)である癖を治すことが重要です。

手術

かなり稀なケースですが、重症化すると手術が必要な場合もあります。
その場合は専門病院へ紹介いたします。